PROFILE

籾山真人
MOMIYAMA Masato

1976年、東京都生まれ。2000年東京工業大学社会工学科卒業、2002年同大学院修了。2002年アクセンチュア株式会社入社。経営コンサルティング業務に従事。マネージャーとしてクライアント企業の新規事業立上げ、マーケティング戦略の立案などに携わる。2008年に株式会社リライトを設立。2009年にアクセンチュア株式会社を退職。現在に至る。

略歴

2000年3月 東京工業大学工学部社会工学科卒業(渡邉貴介研究室)
2002年3月 同大学院情報理工学研究科情報環境学専攻建設系修了(渡邉貴介・十代田朗研究室)
2002年10月 アクセンチュア株式会社 製造流通業本部 入社
2007年9月 アクセンチュア株式会社 製造流通業本部 マネージャー
2008年8月 株式会社リライト 設立 代表取締役 就任 (現在に至る)
2009年1月 アクセンチュア株式会社 退社

非常勤職歴

「デザイン思考」「コラボレーション(共創)」などをテーマに演習型の講義を行っています。

2010年4月 首都大学東京 / 非常勤講師 / 担当科目:大学院学域横断型講義 / 2010年4月〜2013年3月
2012年4月 首都大学東京 / 非常勤講師 / 担当科目:人間の情報処理特論 / 2012年4月〜2018年3月
2018年4月 首都大学東京 / 非常勤講師 / 担当科目:システム工学演習 / 2018年4月〜2020年3月
2020年4月 首都大学東京 / 非常勤講師 / 担当科目:都市政策科学の現場 / 2020年4月〜2020年9月

論文(査読付)

「都市とメディア」をキーワードに、理論と実践との架橋を目指した研究を行っています。

2000年10月 籾山真人, 渡邉貴介, 羽生冬佳,「東京23区における専門店街の形成過程に関する研究」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.35, P.373-378, 2000年10月 >>>link
2002年3月 籾山真人, 十代田朗, 羽生冬佳, 山田光一,「都市情報誌にみる東京の広域集客型商業エリアの空間及びイメージの変容に関する研究」, ランドスケープ研究, 公益社団法人日本造園学会, 65巻5号, P.875-878, 2002年03月 >>>link
2002年10月 籾山真人, 十代田朗, 羽生冬佳,「東京における「都市情報誌」に登場する広域集客型エリアの商業的特性に関する研究」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.37, P.13-18, 2002年10月 >>>link
2004年10月 籾山真人, 十代田朗, 羽生冬佳, 「東京における「都市情報誌」に登場する広域集客型エリア内部の商業的・空間的特性」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.39-3, P.157-162, 2004年10月 >>>link
2005年10月 籾山真人, 十代田朗, 「統計指標から見た広域集客型エリアと大規模商業集積地域との商業的・空間的関係」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.40-3, P.889-894, 2005年10月 >>>link
2019年10月 籾山真人, 十代田朗,「メディア運営および拠点開発を通じた地域コミュニティづくりの実践 - 立川プロジェクトを事例として」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.54-2, P.171-178, 2019年10月 >>>link
2020年4月 籾山真人, 十代田朗,「鉄道会社によるメディア運営および拠点開発を通じた地域コミュニティづくりの実践 - 中央線高架下プロジェクトを事例として」, 都市計画学会論文集, 公益社団法人日本都市計画学会, No.55-1, P.49-57, 2020年4月25日(予定)

著作/寄稿
インタビューなど

2011年2月 「元気な街」の仕掛け人 - ラジオの生番組で人材交流 / 日経アーキテクチャー / 2011年2月11日号 / p60-64 / 2011年2月
2012年2月 「立川空想不動産」に教えてもらう賃貸平屋物件の探し方 / 平屋に暮らす - 本当のゆたかさを育む住まい20軒 / 誠文堂新光社 / p188-189 / 2012年2月 >>>link
2012年5月 クリエイティブ・コミュニティ・デザイン - 関わり、つくり、巻き込もう (Next Creator Book) / フィルムアート社 / p104-107, p172-173 / 2012年5月 >>>link
2015年2月 コンテナ店舗と地元クリエーターが街の回遊性を高める / 新・公民連携最前線 PPPまちづくり / 日経BP / 2015年2月 >>>link
2015年6月 多様な職能が交じり合い新たなアイデアが生まれる。変貌する社会の未来を見据え、“人が集まる場所”をデザイン / Architect’s magazine / vol.10 / 2015年6月 >>>link
2016年9月 街と人をつなぐ、“メディアとしての場”をつくる / まちづくりの仕事ガイドブック - まちの未来をつくる63の働き方 / 学芸出版社 / p126-133 / 2016年9月 >>>link
2016年10月 ケーススタディ:高架下の土地を生かす - 中央線高架下プロジェクト / TOTO通信 / 2016年秋号 >>>link
2016年12月 プロジェクトの前提から関われる体制をつくり、新しい地域の場を生み出す / シェア空間の設計手法 / 学芸出版社 / p60-61 / 2016年12月 >>>link
2017年5月 暗くて狭い「鉄道高架下」が人気化する必然 - 人と街をつなぐ「ハブ」が続々誕生 / 東洋経済オンライン / 2017年5月 >>>link
2017年12月 変革 - 第5部 JR東日本 / 高架下が交流拠点に / 毎日新聞 / 東京朝刊 / 2017年12月8日 >>>link
2018年3月 ケーススタディ 立川での取組みを振り返る / <特集>リノベーションのジレンマ / 建築雑誌 / 一般社団法人日本建築学会 / p16-17 / 2018年3月号 >>>link
2019年5月 ハード(建築)とソフト(仕掛け)を融合させた“場所づくり"を実践 / アーキテクトプラス - “設計周辺"を巻き込む / ユウブックス / p56-99 / 2019年5月 >>>link
2019年6月 コトニアガーデン新川崎 / LANDSCAPE DESIGN No.126 団地再生とコミュニティの再生 (ランドスケープデザイン) / マルモ出版 / p58-65 / 2019年6月号 >>>link

講演/審査員など

2015年2月 一般財団法人森記念財団 / これからの“公共空間のあり方”に対する 2 つの視点 / 講演 >>>link
2016年10月 公益財団法人日本デザイン振興会 / グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズプレゼンテーション / 講演 >>>link
2017年2月 東京ミッドタウン・デザインハブ / 地域×デザイン2017 - まちが魅えるプロジェクト / 講演 >>>link
2017年3月 日本経済新聞社 / 地域が蘇るグッドデザイン - 2016年度グッドデザイン賞受賞デザインのアプローチから学べること / トークセッション >>>link
2017年7月 はこだて雇用創造推進協議会(厚生労働省委託事業)/ 情報・サービススタートアップ研修 - 地域をデザインする!/ 講演
2018年9月 京都市 都市計画局まち再生・創造推進室 / 高架下からはじまるまちのマネージメント講座 - 高架下に市民が集うまちづくりを学ぶ / 講演
2019年10月 埼玉県 産業労働部 商業・サービス産業支援課 / 令和元年度 空き店舗ゼロリノベーションコンペ / 審査員 >>>link
2019年11月 公益社団法人日本交通計画協会, 国土交通省 / 2019年度 連続立体交差事業実務担当者講習会 / 講演

受賞歴

2015年 JCDインターナショナルデザインアワード金賞 / コミュニティステーション東小金井 >>>link
2016年 グッドデザイン賞ベスト・100及び特別賞[地域づくり]/ コミュニティステーション東小金井 >>>link
2019年 グッドデザイン賞 / クマガヤプレイス >>>link
2019年 グッドデザイン賞ベスト・100 / コトニアガーデン新川崎 >>>link

その他

2014年2月 日経アーキテクチュア「次代の変革者100人」に選ばれる / 日経アーキテクチュア / 2014年2月25日号 >>>link
© 2020 rewrite_GROUP. All Rights Reserved.